インプラント治療の流れ

高精度なインプラント治療をご提供します

竹尾歯科、南九州中央インプラントセンターでは、綿密な検査をもとに、高精度なインプラント治療をご提供
しています。こちらでは、当院におけるインプラント治療の流れをご紹介します。

検査・カウンセリング

インプラント治療では、事前に綿密な検査や丁寧なカウンセリングを行います。
その詳細は以下のとおりです。

レントゲンCT検査

インプラントを埋め込むあごの骨の量や質、形状などを確認するために、CT撮影を行います。また必要な部分のレントゲン撮影のほか、お口全体のチェックを行い、治療箇所のまわりの状態や、歯周病の症状なども確認します。

口内診察

インプラントのサイズや埋め込む位置などを検討するために、歯ぐきや咬み合わせの状態を診査します。また歯周病や虫歯があったり、咬み合わせに問題があったりする場合には、先にそちらの治療を行うことを治療計画に組み込みます。

全身状態の検査

インプラント治療には外科手術が必要です。高血圧や糖尿病、アレルギーなどのほか、何か持病のある方は、あらかじめお申し出ください。場合によっては、かかりつけ医師との連携のうえ、服用されているお薬を一定期間止めていただくケースもあります。

治療

インプラント治療では、基本的に2回の手術が必要になります。その流れをご紹介します。

手術前の診断

検査結果をもとに、最終的な治療計画を立て、患者様に詳しくご説明します。

一次手術

麻酔を施したうえで歯ぐきを開き、あごの骨を削ってインプラントを埋め込みます。そしてインプラントの上に大きめのふたを取り付けて、そのふたを見える状態にし、粘膜を閉じます。

二次手術

一次手術の傷が治癒し、インプラントとあごの骨が結合したら、2回目の手術を行います。再び歯ぐきを開き、さらに大きなふたに取り換えます。

最終的な歯の装着

傷口が治癒したら仮歯をつくり、患者様に使用していただいて、装着感や形態を確認します。もし違和感があれば、最終的な本歯の作製に向けてデータを収集します。

メンテナンス

仮歯を装着して得られた情報をもとに最終的な本歯用の型を採り、歯並びや色をチェックしながら本歯を作製します。できあがった本歯を装着して、治療は完了です。

手術方法

インプラント手術では、一般的な「2回法」のほかに、「1回法」もあります。当院では基本的に1回法をご提案させていただいております。その違いは次のとおりです。

1回法

1回法は、文字通り1回の手術で行うインプラント治療です。インプラントをあごの骨に埋め込んだら、上部に大きめのふたを取り付けて、それを見える状態にして完了します。その後、傷口の治癒とインプラントと骨との結合を待って、人工歯を装着します。

2回法

2回法では、手術を2回に分けて行います。1回目にはインプラントをあごの骨に埋め込み、上部に小さめのふたをして歯肉の中にしまい込んで、傷口の治癒とインプラントと骨との結合を待ちます。そして再度歯肉を開き、ふたを大きなものに交換。最後に人工歯を取り付ける治療を行います。

当院では、基本的に1回法をご提案していますが、骨移植が必要なケースや、全身疾患の有無、また細菌感染リスクの高いケースなど、2回法を選択したほうが良いと判断した場合には、2回法を用いています。

治療法については、じっくりご相談を重ねたうえで、患者様にとってもっとも適した方法をご提案しますので、ご安心ください。

  • インプラント治療基本情報
  • 治療の流れ
  • 症例紹介
  • 院長からのご挨拶
  • 書籍のご案内
医院情報
よくある質問
設備紹介
医院案内
  • Nobel Biocare
  • straumann
  • 東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
  • facebook
  • tel:0982-21-0211
  • インターネット予約システム
  • ※最近5分、10分と遅れて来られる方が多いですが、当院の予約の時間は、診療開始時間です。
    少なくとも、必ず5分前までにはお越し下さい。
  • 診療日:月-土 9:00?12:30/14:00?18:30(土曜日は13:00までの診療になります)
  • 歯科タウン

Copyright © TAKEO Dental Clinic All Rights Reserved.